トリキュラー28通販

低用量ピル

ピルは「卵胞ホルモン」(エストロゲン)「黄体ホルモン」(プロゲステロン)という二つの女性ホルモンを成分としています。
2つの成分のうち卵胞ホルモンの配合量によって、低用量ピルと中用量ピルに分けられます。

 

低用量ピルには、コンドームよりも高い避妊効果があります
低用量ピルは、成分を極限まで薄くしているため副作用が起こりにくくなっています。

 

低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含んでおり、それらのホルモンの働きにより脳下垂体は「妊娠した」と感知します。
この結果、排卵を促す際に必要な黄体化ホルモンの分泌が抑制され、卵巣は排卵する必要が無くなり、休眠した状態になります。

 

さらに、低用量ピルを細分すると、一相性(薬の成分が21日間同じ物を服用するタイプ)
二相性(二段階で薬の配合が変えられているタイプ)・三相性(時期によって3種類の配合に分けられた薬を服用するタイプ)に分けられます。

 

すべての低用量ピルが避妊効果を持っていますが、少しずつ違う面を持っています。
一種類の低用量ピルが合わなくてもその他の種類のピルでは副作用がなかったり、望ましい副効果があったりすることがありますので、自分にとって相性の合うピルを見つけるのが良いでしょう。