トリキュラー28通販

PMSとは?

PMSというのは、正式名称を『月経前症候群』といいます。

 

生理前3?10日間前後起こる精神的、身体的症状で、その種類は多岐にわたります。
精神的疾患で言えば、イライラしたり落ち込んだり、鬱気分になったり涙もろくなったりします。
身体的なもので言えば頭痛、むくみ、吐き気、めまいなどです。
これらの症状は、150以上の症状があると言われていてます。

 

PMSの原因は女性ホルモンの黄体ホルモンの急激な変化や、生活環境の変化、悪化、ストレスなどにより自律神経のバランスが乱れてしまうことが考えられます。

 

生理前に起こるこれらの症状は生理が始まるとなくなります。
多くの場合、排卵が起こった後に症状が発現していて、排卵が起こらなけ
れば症状が発現しにくいようです。

 

その為、従来精神安定剤などで治療を図ってきたPMSを、排卵後の黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を抑制する働きがある低用量ピル(経口避妊薬)を使って、改善していこうとする療法も近年では取り入れられています。

 

日常生活に支障が出ているようであれば、早めに婦人科で相談しましょう。

 

 

生理痛には漢方もあり

 

生理にまつわる不調を改善するために、身体全体のバランスを整えるのは漢方が有効です。
体質に応じた薬の提案だけでなく食事や生活習慣と言った養生法も教えてくれます。
漢方は体質によって薬が異なるので窓口で相談することから始めましょう。